「自分の持っている能力をこの企業でなら有効に利用することができる(会社の後押しができる)」…。

いわゆる「超氷河期」と初めて銘打たれた時の若者たちは、ニュー
スメディアや社会のムードに押し流されるままに「就職できるだけ
願ったり叶ったりだ」などと、会社をあまり考えず決定してしまっ
た。
電話応対だったとしても、面接の一部分だと意識して取り組むべき
です。反対に見れば、そのときの電話の応対や電話での会話のマナ
ーが合格であれば、高い評価を得られるということなのだ。
個々の実情を抱えて、退職を望む人が凄い勢いで増えている。だが
しかし、転職すると決めたはいいけれど、転職してからの人生に今
までとは大きな差が出る場合もわんさとあるのが実際に起こり得ま
す。
「自分の持っている能力をこの企業でなら有効に利用することがで
きる(会社の後押しができる)」、そこで先方の会社を目標にして
いるといった理由も、ある意味では大事な意気込みです。
「好んで選んだことならばどれほど辛くても耐え忍ぶことができる
」とか、「我が身を上昇させるために振り切って苦しい仕事をピッ
クアップする」といった場合は、度々聞いています。

実際に、わが国のトップの技術の大部分のものが、大企業ではなく
、いわゆる中小企業の町工場で創造されていますし、サラリーや福
利厚生の面についても充実しているとか、羨ましい企業だってあり
ます。
私自身をキャリア・アップさせたい。今よりも向上できる場所でチ
ャレンジしたい、というような希望をしょっちゅう耳にします。必
要なスキルが身についていないと気づいたときに転職を思い浮かべ
る方が増えています。
【ポイント】に関しては「関数」とは違って完璧な正解がないわけ
で、どこが評価されてどこが評価されなかったのかという合否基準
は企業独特で、それどころか担当者によって大きく違うのが今の姿
です。
自分も就職活動に取り組み始めた頃は、「就職活動がんばるぞ!」
と積極的に活動していた。けれども、いつになっても試験に落ちて
、このごろはもう担当者の話を聞くことすらできないほどの恐怖を
感じてしまっているのです。
緊迫した圧迫面接で、きつい問いかけをされたケースで、知らず知
らず立腹してしまう方がいます。その気持ちは理解できますが、あ
けっぴろげの感情を表に出さずにおくのは、社会における常識なの
です。

自らが言いたい事柄について、上手な表現で相手に話すことができ
ず、数多く残念な思いをしてきました。いまの時点からでも自分自
身の内省に時間を割いてしまうのは、やっぱり遅いといえるでしょ
うか。
大事なルールとして、仕事を選択するときは、何しろ自分の欲望に
忠実になってチョイスすることであって、あせったからといって「
自分を就職先に合わせよう」なんて愚かなことを考えては失敗する
だろう。
ある日偶然に会社から「ぜひ我が社に来てほしい」なんて事は、考
えられないでしょう。内定を結構受けているような人は、それと同
じ分だけ面接で不採用にもされていると思います。
ハッピーに業務をしてほしい、多少なりとも条件のよい待遇を許可
してあげたい、ポテンシャルを開発してあげたい、進歩させてあげ
たいと雇い主の方も思っていることでしょう。
売り言葉につい買い言葉を返して、「こんな会社こっちからやめて
やる!」みたいな感じで、短絡的に退職してしまうような場合もあ
るけれど、こんなに不景気のなかで、非理性的な退職は大きな間違
いです。